【機能アップデート】日程調整ツール「Dr.Works(ドクターワークス)」Zoomとの自動連携機能をリリース 2020/07/29

Dr.Works

日程調整ツール Dr.Works(ドクターワークス)の新機能のお知らせです。

目次

Dr.Works 機能アップデート内容

Dr.Works の新着のプレスリリースが入ってきました。

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒﨑賢一、以下「BearTail」)が運営する日本初のWeb会議に特化した日程調整ツール「Dr.Works」が、ビデオ会議サービス「Zoom」との自動連携機能を2020年7月29日にリリースしました。

プレスリリースより

Dr.Works Zoom連携機能について

Dr.Works【機能開発の背景】

新型コロナウイルスの影響により、商談やミーティングの多くが「オンライン」で行われるようになっています。その中でDr.Worksは、日本初のWeb会議に特化した日程調整ツールとして、Web会議向けの機能をリリースしてきました。今回のアップデートでは、最も要望が多かったZoomとの自動連携機能を実現し、日程調整と同時に会議URLが自動発行・自動共有ができるようになりました。

プレスリリースより

Dr.Works【利用方法】

Zoomアカウントの連携設定

Zoom設定ページより「Zoomとのアカウント連携を設定する」ボタンを押します。

Dr.Works Zoomアカウント連携の認可画面

画面の指示に従って、ZoomのアカウントとDr.Worksのアカウントを紐付けます。
連携が完了すると、予定されている会議一覧が表示されます。

Dr.Works Zoom連携後は会議一覧画面に戻ります。

日程調整確定時にWeb会議URLの自動発行および自動共有される

日程調整と同時に会議が自動共有

連携が完了した状態で日程調整が完了すると、
・調整完了の通知メール
・調整相手への日程確定メール
・Google カレンダー

の3箇所にZoomの会議URLが反映されます。

Dr.Works 日程調整確定時にZoomURLが自動で共有されます
Dr.Works 日程調整確定時にGoogleカレンダーの予定にZoomURLが自動で登録されます

Dr.Works【今後の展望】

Dr.Worksのβ版リリースは8月中を予定しております。また今後はCRM/SFAなどの営業向けシステムとの連携を計画しています。

プレスリリースより

Dr.Works (ドクターワークス) について

Dr.Works はZoom等のWeb会議ツールとの連携が可能な日程調整ツールです。
以下記事でより詳細なサービス内容について解説しているので、ぜひご覧ください。

また、以下記事では主要なWeb会議サービス Zoom、Google Meet、Teamsに対応している日程調整ツールについても以下でわかりやすく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2児の父。前職はWeb系メガベンチャーでITディレクター。
社内外の打ち合わせから忘年会まで数え切れないほどの調整業務を経験。

日程調整の効率化ノウハウ・ツールに強い関心があり、日々情報収集しています。
その中での気づきを本メディアを通じて発信していけたらと思います。

目次
閉じる