日程調整ツール「Spir」、β版提供開始 2020/11/11

Spir β版の提供開始

Spirの新着のプレスリリースが入ってきました。

目次

日程調整ツール Spir プレスリリースの内容

2020年5月にβ版事前登録を開始以降、クローズドβ版でサービス提供していた Spirが
公開規模を増やし、先着1000名のユーザに対してサービス提供するという内容が発表されました。

株式会社Spir(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大山 晋輔、以下当社)は、Web会議の日程調整を簡単にするカレンダープラットフォーム『Spir(スピア)』のβ版を提供開始しました。

プレスリリースより

日程調整ツール Spir の特徴

<主催者側>
・条件を指定して、参加予定者の全員が空いている時間を自動で抽出可能
・候補日時を作成した後は、URLをシェアするだけ
・Google MeetやZoomなどのWeb会議ツールに対応

Spir 主催者の日程調整画面 (プレスリリースより)

<確定者側>
・確定者はSpirへの登録の必要なし
・複数の候補日時から、希望の日時を選択するだけで日程が確定
・Spirに登録すると、自分の予定と候補を合わせて確認可能

Spir 確定者の日程確定画面 (プレスリリースより)

日程調整ツール Spir クローズドβ版利用者の声

日程調整ツール Spir クローズドβ版利用者の声 (プレスリリースより)

Spir(スピア)について

Spir(スピア)は無料で使えて、Zoom連携ができる日程提案型・日程投票型の日程調整ツールです。
以下記事でより詳細なサービス内容について解説しているので、ぜひご覧ください。

また、主要なWeb会議サービス Zoom、Google Meet、Teams に対応している人気の日程調整ツールについても以下でわかりやすく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2児の父。前職はWeb系メガベンチャーでITディレクター。
社内外の打ち合わせから忘年会まで数え切れないほどの調整業務を経験。

日程調整の効率化ノウハウ・ツールに強い関心があり、日々情報収集しています。
その中での気づきを本メディアを通じて発信していけたらと思います。

目次
閉じる