【機能アップデート】日程調整ツール「Dr.Works(ドクターワークス)」Microsoft 365との連携を開始、Teams 会議URL自動発行にも対応 2020/10/29

Dr.Works サービスイメージ

日程調整ツール Dr.Works(ドクターワークス)の新機能のお知らせです。

目次

Dr.Works 機能アップデート内容

Dr.Works の新着のプレスリリースが入ってきました。

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒﨑賢一、以下「BearTail」)の運営する日本初のWeb会議に特化した日程調整・営業支援ツール「Dr.Works」がOffice365 / Outlookカレンダーとの連携を開始しました。これによりMicrosoft Teamsと連携し、日程調整ごとにWeb会議URLを自動発行できるようになりました。

プレスリリースより

Office365 / Outlookカレンダーとの連携を開始

Dr.Works Microsoft365のカレンダー連携が可能に。

Microsoft Teamsと連携し、日程調整ごとにWeb会議URLを自動発行することが可能に

Dr.Works Teams会議URLの自動発行が可能に。

Dr.Works (ドクターワークス) について

Dr.Works はZoom等のWeb会議ツールとの連携が可能な日程調整ツールです。
以下記事でより詳細なサービス内容について解説しているので、ぜひご覧ください。

また、以下記事では主要なWeb会議サービス Zoom、Google Meet、Teamsに対応している日程調整ツールについても以下でわかりやすく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2児の父。前職はWeb系メガベンチャーでITディレクター。
社内外の打ち合わせから忘年会まで数え切れないほどの調整業務を経験。

日程調整の効率化ノウハウ・ツールに強い関心があり、日々情報収集しています。
その中での気づきを本メディアを通じて発信していけたらと思います。

目次
閉じる