候補者と面接の日程が合わない…企業側が気を付けるべきこと

2020 10/26
候補者と面接の日程が合わない…企業側が気を付けるべきこと

採用担当者にとって、面接の日程調整は重要な問題です。

中途採用の候補者は在職中の場合もありますから、当然仕事の都合で面接の日程が合わなくなることは想定できます。

新卒採用であっても、ゼミや大学の関係で予定に都合がつかなくなることはあるでしょう。

とはいえ、日々煩雑にメール処理をしている中、何度も複数人から日程の再変更を求められるのは、なかなかの苦痛です。

企業の担当者側が気を付けておくべきことはなんでしょうか?

目次

就職者側は緊張して日程変更を依頼している

前提として、就職者側は大変緊張しながら面接の日程変更を依頼しているのだ、ということを頭にいれておきましょう。

中途採用者はもちろん、社会人とのメールのやり取りの経験が薄い新卒生はなおさらです。

こちら側が想定内のことであっても、「採用担当の人に悪い印象を与えてしまったかも」「採用自体が見送られてしまうかも」と悪い想像が頭の中を駆け巡っています。

面接の日程調整は面倒な作業ではありますが、就職者側にあまりプレッシャーを与えないように気を付けましょう。

面接の日程が合わないことを想定して、ツールを利用する

採用担当者の日常業務として、就職者側の何割かであっても、毎回誰かは面接の日程が合わなくなるものです。

それならば日程変更が簡単な調整ツールを使って、あらかじめ仕事の効率を高めておくことも必要です。

例えばwaaqの日程調整サービスなら、社内の人間はもちろん、社外の候補者とも同じように簡単に日程調整をすることができます。

採用担当者は、候補者に複数の面接日程を提示することが可能。

候補者側はカレンダー画面から都合のいい日程を選ぶことになりますので、メールやりとりの煩雑さがありません。

感覚的に操作できるデザインが特長です。

画像

面接の日程が合わなくなった場合も、基本的には同じように調整するだけ。

採用担当者側の負担もなく、就職者側に心情的なプレッシャーをかけることもありません。

その他にも、waaqの日程調整サービスには便利な機能がたくさん。

ぜひ一度ご検討ください!

画像

面接の日程が合わなくなって日程を再設定することは、就職者側と企業側どちらにも面倒で、ミスが出やすい作業です。

双方にメリットがある方法を選択しておくことも、企業側の心づかいのひとつと言えるかもしれませんね。

関連記事

目次