【面接の日程調整メール】採用担当者は送信前に再確認!5つのポイント

2020 10/20
【面接の日程調整メール】採用担当者は送信前に再確認!5つのポイント

企業の採用担当者側が面接の日程調整メールを送る場合、どのようなマナーが必要なのでしょうか?

新卒、転職での就職者側のマナーは、調べれば数多くネットにも掲載されていますが、企業側という観点ではあまり取り上げられてこなかったかも知れません。

ですが、実際に日々たくさん面接の日程調整メールを送っているのは、企業の採用担当者ですよね。

ましてや社外の人間にメールを送るわけですから、普段のメールよりも最新の注意が必要です。

改めてチェックするポイントを挙げてみました。

目次

面接の日程調整メールは早めに送信!

就職者側は、今か今かと御社のメールを待ちわびています。ぜひ、先延ばしせずに早めに送ってあげましょう。

また他の会社の面接も受けている可能性が高いですから、面接の日程調整は重要なはずです。

社外メールを送る前に!チェックポイント5つ

送信ボタンを押す前に、ちょっと待って!再度確認しておきたいポイントをまとめました。

①宛先、宛名が間違っていないか

相手の名前を間違えないことは最低限の礼儀です。指さし確認しておきましょう。

②面接の日程に間違えがないか

こちらが希望する日程に間違いがありませんか?

慌ててメールを書いていると、日程や曜日を間違えて書くことはよくある単純ミスです。

相手を混乱させないように、最新の注意を払いましょう。

③誤字、脱字がないか

例えうっかりだったとしても、採用担当者側に誤字、脱字があれば、それだけで御社のイメージに関わります。

声にだして読み上げる、他の人に確認してもらう、一度プリントするなど、なにか自分なりのチェックリストをつくりましょう。

④CCに全ての宛先を入れているか

あなたの上長、グループはちゃんとCCに入っていますか?

一度入れ忘れるだけでも、「自分を除外して勝手に行動している」と受け取られてしまうかも知れません。

⑤最新の署名になっているか

部署の変更直後など、忘れがちなポイントです。社内の人間にツメが甘いと思われないようにしておきましょう。

waaqのサービスなら煩雑な面接の日程調整メールが簡単にできる!

ポイントを挙げてみると非常に単純なのですが、日々たくさんメールを送っていると、どこかで気の緩みが出るのはよくあることです。

しかし相手は社外の人間。採用担当者は、就職者側が一番コミュニケーションを取る「会社の顔」なのです。

例え一度のうっかりでも悪い印象を与えて、内定を辞退されるようなことになったら大変です。

waaqのサービスを使えば面接の日程調整メールが簡単に送信できます!

面倒な文章作成も必要ありませんから、うっかりミスも起こりえません。もちろん相手を失礼な気分にさせることもありませんので、社内・社外の両方で便利にお使い頂けます

ぜひ一度お試しください!

画像

関連記事

目次