【テンプレートあり】ビジネスでの日程調整メールのポイント

2020 10/31
【テンプレートあり】ビジネスでの日程調整メールのポイント

ビジネスで日程調整をする場面は多岐にわたります。

社内でも社外でも、ミーティング、面接など様々な場面で、複数の相手の予定を合わせてスケジュールしなければなりません。

どんなポイントに気を付けてメールを送れば良いでしょうか?

目次

メール本文に必要事項を漏れなく記入する

どんなことを相手に伝えるべきなのか、メールを書く前に一度洗い出してみるのもひとつです。

例えばこんなことが挙げられると思います。

  • 目的
  • 候補日(できれば複数提示)
  • 開始時間、終了時間
  • 場所

どこかに漏れがあると、必要以上に複数回メールのやり取りが発生することになります。

相手側にも負担をかけてしまいますので、できるだけ往復で日程調整が完了するようにしましょう。

【テンプレート】ビジネスの日程調整メール

以下に、ビジネスでの日程調整メールの一例を用意してみました。

【打ち合わせ日程のご相談】〇〇〇の件について

お世話になっております。○○株式会社 ○○と申します。

先日は〇〇〇についてご説明させて頂き、ありがとうございました。

早速ですが、お打ち合わせの機会を頂きたいと思っております。

下記日程の中でご都合のよろしい時間はございますでしょうか。

  • 11月〇日(〇)15:00~17:00
  • 11月〇日(〇)13:00~15:00
  • 11月〇日(〇)10:00~13:00

時間は1時間程度で、貴社にお伺いしたいと考えております。

ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

ビジネスの日程調整はすべてwaaqで解決!

こうした打ち合わせやミーティングが1回で終わることはほとんどなく、たいていは複数回を重ねて実装や販売までこぎつけるかと思います。

そのたびに相手方と日程調整のメールを送りかわすことは煩雑ですし、工数がかかります。

そこでご紹介したいのがwaaqの日程調整サービスです。

画像

社内はもちろん、社外の方とも同じようにサービスを使うことができます。

直感的に操作できるデザインなので、相手方に詳しく操作方法を説明する手間もありません。

画像

希望する日程をこのように提示し、都合のいい日にちを選んでもらうだけ。

メールを送る手間が省け、日程の勘違いなどミスが起こりにくい仕様です。

もちろんオンラインでの会議にも対応。これからのビジネスの日程調整に、簡潔でスマートなツールをぜひお試しください!

関連記事

目次