面倒な日程調整はwebツールで簡単管理!waaq Linkのご紹介

仕事で日程調整をするとき、どのように管理していますか?

日程調整は1対1のケースばかりではありませんよね。

何人もの間で全員の都合のいい日程を合わせなければならないときは、かなり神経を使います。

また、せっかく日取りが決まっても何かの都合で延期になれば、また振り出しに戻ります。

メールなら何往復もやりとりが発生し、その都度ビジネスメールを書かなければなりません。

エクセルの共同管理はミスが発生しやすく、しかもミスに気付きにくいのが難点です。

そんなときはwebの日程調整管理ツールを使いましょう!

今回は日程調整ツールwaaq LINKをご紹介します

目次

日程調整ツール「waaq Link(ワークリンク)」の特徴

①主要なweb会議ツールと連携

waaq Linkは主なweb会議ツールと連携しています。

zoomも、Google Meetも、Teamsにも対応!

web会議を設定する時は、カレンダーに日程を登録したら希望のweb会議ツールを選択するだけ。

これだけで、web会議の参加者にアドレスを連携できます。

web会議前にいちいちリマインドの連絡メールを送る必要がなく、会議前日には自動的に連絡メールが送信されるのも嬉しいポイント。

参加者は送信されたメールに記載されているボタンをクリックorタップすれば、自動的にweb会議の画面に切り替わります。

②複数人&担当者別に日程調整が可能

案件の担当者2~3人対、相手先の担当者 というように、複数人で営業や商談をするときもあるかと思います。

そんなときに、それぞれの担当者をCCにいれてメールを送信して…というのは面倒ですよね。

waaq Linkを使えば、複数人でのスケジュール調整も楽ちん。

また、「この件に関してはこの担当者で」というように、曜日ごとに担当者を指定してスケジュール調整をすることも可能です。

社内のプロジェクトで大勢が関わっているときも、社外の案件で担当者が数人いる時も、どのケースでもwaaq Linkひとつで日程調整できるのです。

③参加者が日程を投票→確定メール送信

参加者が日程を投票するタイプのツールは他にもありますが、waaq Linkはひとあじ違います。

どの参加者がどの日程を選んだかは非公開。忖度なしに、自分の都合のいい日だけを選択できます。

日程が確定されれば、全員に向けて自動で連絡メールが送信されます。

「〇日に決定しました、web会議のリンクは~」なんて、その都度全員に送る必要はもうありません。

web会議なら、参加者は送信されたメールからリンクをクリックすればOK。

簡単な操作でスムーズに当日に臨めます。

いかがでしょうか?

様々なパターンの日程調整に対応可能なwaaq Linkで、業務をどんどん時短しましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる